不動産担保ローンを数件契約

所有してれば借りれるわけではない

連帯保証人がいないお客様が多い / 所有してれば借りれるわけではない / その土地の値段を調べるのが大変

このような状況で、実際に私は3件ほどの不動産担保ローンを契約したことがあります。
しかし、このローンは、不動産を所有していれば借り入れが出来るというわけではありません。
不動産の価値を調べて、その評価額と住宅ローンの残債を差し引いた金額がプラスであれば、その差額の数パーセントを融資できる仕組みになっています。
申込人はこの仕組みを知らず、不動産を所有していれば当たり前のように借り入れが出来ると思いこんでいる方たちばかりでした。
しかも、たいていの方が住宅ローンの残債が多いため、実際に評価が出ても、融資が出来ないことが多かったです。
お客様とのやりとりは、毎回このような流れとなっており、なかなか契約に結び付きませんでした。
そのため、ハードルの高いこのローンを契約出来ることは、珍しいと言っても過言ではありません。
しかし、契約に至るまでには色々と調査することも多く、結構大変な案件だと言えます。
不動産が公示価格に掲載されている場所であれば、すぐに評価を出すことも出来るのですが、少し田舎になると、自分たちで客のふりをしながら周辺の不動産会社に電話をして、おおよその一坪の値段を聞かなければなりませんでした。

不動産担保ローン不動産担保ローンのスピード融資も!